ケアについて

はじめに

本来、ドッジボールは『突き指』をしにくい球技なんです。が、『はじいた』時のケアや『疲れ』のケアを怠ったばかりに反応が鈍って・・・が多いように思います。

昔は関節が『ポキッ』っていう位に引張る~ダメですよ、それじゃ、ケアにはなりません。(--;)

筋肉・関節のイタミについての応急処置は、

  1. 冷却
  2. 圧迫
  3. 安静
  4. 挙上

です。血液循環を利用!?して悪化防止するわけです。

実際の対処法

突き指

突き指のしくみ

突き指

指のテーピング

指のテーピング

症状が軽く、予防しながら鍛えるつもりならば、伸縮性のあるテープを使用(小学生の場合は固定用テープの長期使用は、指の運動を妨げる事になることも・・・)※症状がキツイ場合は、当然!スタッフ・医師の指示に従ってくださいね。(もっと、キツイことから心身を守るために!)

手首の故障

手首の故障

手首のテーピング

手首のテーピング

まとめ

悪化させない!ことが大事なので、まずはメンバー1人リ1人リが自分を大切にすること=だんだんと、加減がわかってくるはずです。

やはり父母の皆様のご協力なしではありえませんっ! なんせ、お子達は、好きな事なら痛くない!?ところがありますので(笑)

スタッフも意識しつつではありますが、 『本当はどうなの?』を一緒にみていきましよう!?
「イタイ」は、あるときは、お子達の心の逃げ場の言葉であったり、 当人にとっては慣れていないから発する言葉であったり、 びっくりした動揺にまぎれて発する言葉であったりするんです^^

大事にいたらないよう、スタッフと父母が 『本当はどうなの?』を木の上から見まもりましょう♪

※スタッフから調子についての発見は必ずお知らせします。 保護者の方でお気づきのことはスタッフへの連絡お願いします。

モバイルサイト

QRコード

携帯にアドレスを送る

題字について

題字は、山口李鳩先生(富山市婦中町在住)に書いていただきました。

Powered by Movable Type 5.04