活動レポート

第20回春の全国富山県(北信越)予選はベスト8、ジュニアは準優勝

1月16日(日)黒部市総合体育センターにて、「第20回春の全国小学生ドッジボール選手権富山県(北信越地区)予選大会」が開催され、光陽マーリンズもチャンピオンの部(レギュラー)とチャレンジリの部(ジュニア)の2チーム参加しました。

第20回北信越県予選(チャンピオンの部)
第20回北信越県予選(チャンピオンの部)

2年振りの北信越大会出場を目指したレギュラーチームは、予選リーグDグループを1勝1敗の2位となり、決勝トーナメント1回戦をセットカウント2-0で快勝。

続く2回戦は五福ダイヤモンドサンズ戦。1セット目が一歩も譲らぬ展開となり、サドンデスゲームとなりましたがものにできず、2セット目もその流れを引きずり、セットカウント0-2で負け、ベスト8にとどまりました。

目標を果たすことはできず、アリーナ外で悔し涙を流しましたが、きっとこれまで仲間とやったドッジボールが、何かを残してくれたでしょう。

第20回北信越県予選(チャレンジの部)
第20回北信越県予選(チャレンジの部)

一方、ジュニアチームは予選リーグを2勝で1位通過。準決勝をセットカウント2-0で快勝。決勝は予選リーグで快勝した相手でしたが、残念ながら今度は惜敗。

とはいえ、4年生1名に3年、2年、1年というちびっこチーム。しかもメンバーがおらず存亡の危機という中、夏からメンバーが集まりだしたという状況でこの成績は立派でした。

総合結果

チャンピオンの部

優勝:呉羽ドッジボールクラブ、準優勝:五福ダイヤモンドサンズ、三位:杉っ子ドッジファイターズ、敢闘賞:パワーズinフラット・太閤山(以上4チームが北信越大会へ出場)

チャレンジの部

優勝:杉っ子ドッジジュニア、準優勝:光陽マーリンズJr

決勝トーナメント

チャンピオンの部(抜粋)

第20回北信越県予選決勝トーナメント(チャンピオンの部)

チャレンジの部

第20回北信越県予選決勝トーナメント(チャレンジの部)

予選リーグ

チャンピオンの部
グループD
No.チーム名D13D14D15勝点味方-相手内野人数順位
D13光陽マーリンズ***8-119-6101217-172
D14福光サンダージュニア11-8***10-3200421-111
D15大沢野ベアーズ6-93-10***00209-193
チャレンジの部
グループE
No.チーム名E1E2E3勝点味方-相手(内野人数)順位
E1杉っ子ドッジジュニア***0-75-310125-102
E2光陽マーリンズJr7-0***7-2200414-21
E3マジックスサテライト3-52-7***00205-123

カテゴリ:

トラックバック(0)


コメントする





モバイルサイト

QRコード

携帯にアドレスを送る

最近の活動

全て見る

題字について

題字は、山口李鳩先生(富山市婦中町在住)に書いていただきました。

Powered by Movable Type 5.04