ジュニアAチーム

ジュニアAチーム(写真提供:県協会)

2018年12月2日(日)県民公園閤山ランド『 ふるさとパレス』で開催された、第21回太閤山ランドジュニアドッジボール大会のアドバンスの部に3、4年生で構成するAチームが、ノービスの部に1、2、3年生で構成するBチームが出場しました。

公式記録・写真(県協会公式ページ)

アドバンスの部の光陽マーリンズジュニアAは、序盤相手の攻撃を受けて苦しむ展開から、終盤逆転に持ち込む粘りのゲームを続け4勝0敗とし、これまで苦手としてきたパイレーツZero1との全勝対決となった最終戦にのぞみ、これまでで1番のゲームで勝ち切りAグループ1位で決勝トーナメント(各グループ4位以上)に進出して、第12回大会の準優勝以来のベスト4を狙えるかと期待がかかりました。

しかし、決勝トーナメント1回戦でBグループ4位のTRICK SQUARE(岐阜県高山市)とのサドンデスゲームに敗れました。

トーナメントを勝ち上がることはできませんでしたが、終盤落ち着いて本来の攻撃展開に持ち込めるようになった点は大いに評価してあげたいです。

TRICK SQUAREは次の2回戦もサドンデスゲームを制し、パイレーツZero1と決勝を戦いました。

結果は、優勝がパイレーツZero1、準優勝がTRICK SQUARE、3位がサンダーホープス、敢闘賞が杉っ子ドッジジュニアでした。

ジュニアBチーム

ジュニアBチーム(写真提供:県協会)

また、ノービスの部にエントリーした光陽マーリンズジュニアBチームは、優勝、準優勝した4年生中心の光陽校区児童クラブの2チームの強力な攻撃を防ぎきれず、わずかな差で予選リーグ4位となりましたが、試合ごとに点差を縮め健闘しました。

結果は、優勝が光陽キッズ(光陽校区児童クラブ)、準優勝が光陽少年団(光陽校区児童クラブ)

ジュニアとはいえ、どの試合も見ごたえのあるものでした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA